シャンバラ(きゃ羅騫駄阿修羅王)像
カッパー製特上品

の詳細画像


四体の阿修羅王の一体で、きゃらけんだ、と読みます。
阿修羅はインドの魔族アスラの王が仏教に取り込まれ、尊格化したものです。
仏教の守護神でシャンバラは六道のうち修羅道の王を担っています。
その性格の通り戦闘神で、悪霊を退治し災いを撥ねつけ、争い事などから身を守ってくれるとされています。

全て銅によって製作されているハンドメイドの逸品です。
銅はチベット周辺で力の強い金属のひとつとされていますが、製作には大変手間がかかり、現地でもあまり見ることはありません。



縦 73mm 横 70mm 幅 55mm
重量 214g
ネパール・パタン製 カッパー(銅)製


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く



全て銅によって製作されているハンドメイドの逸品です。






























裏側。


掌との比較。


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く