アンティーク 念珠
の詳細画像


100〜150年前より、チベットの高僧が使っていた古いお念珠(お数珠)です。

かつてはカトマンズにも定期的に入っていたものですが、ここ10年ほどの間に大きく数を減らし、現在では全く見かけなくなりました。一部の海外コレクターに知れ渡り、手に渡り尽くされてしまったのだそうです。
従って現在ネパールでは皆無に近い状況で、大変貴重なお念珠となっております。

全て目の入った同じ大きさの菩提樹の実を、108個繋ぎ留めています。
長く使われていたため、数珠球は磨り減り、中には半分近くまで形を変えたものもあります。

長さ 約660mm
数珠玉 平均直径約 10mm玉 × 108個
重量 54g


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く
























大きさの比較。


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く