ローマングラス ネックレス 4
の詳細画像



ローマングラスの欠辺をトップに置いた、細工の非常に細かい手作りのネックレスです。
ローマングラスは、およそ2000年前の古代ローマ時代の遺跡で採掘された古代ガラスです。
風化により銀化したローマングラスは、光の当たり加減によって様々な色合いに変化します。

紐の部分は、小さな翡翠のビーズを繋ぎ合わせ、全体に行き渡らせております。


ローマングラストップ
縦幅 35mm 横幅 23mm 厚さ 7mm

紐の長さ(首周り) 415mm
留具 メタル合金

・アフガニスタン採掘 ローマングラス
・ミャンマー産 翡翠(ネフライト)
・アフガニスタン産 ラピスラズリ
・カレンシルバー
重量 9g


*こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ローマングラスアクセサリー」のページを開く



両サイドにはラピスラズリを配置。


反対側。


銀化したローマングラスは、光の当たり加減によって様々な色合いに変化します。








正面。





全体。



紐全体に翡翠ビーズを通し、中間にラピスラズリを取り付けています。


留具はメタル製です。


サリーの古布を使った、専用のポーチをお付けいたします。
*色柄はランダムです。


*こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ローマングラスアクセサリー」のページを開く