ヒマラヤ水晶製 ストゥーパ 1
の詳細画像


ヒマラヤ水晶の中でも最高品質の、ガネーシュヒマール6,000m付近にて採掘された天然水晶から削りだした、貴重なストゥーパ(仏塔)です。

ストゥーパとは、曼荼羅を立体化した建造物のことをいいます。
起源は仏舎利を収めた塚でしたが、徐々にモニュメントとしてそれ単体としても意味を持つようになり、現在は仏教の教えを表す曼荼羅のような側面を持つようになりました。


高さ 35mm 幅 31mm
重量 42g ネパール・パタン製
ガネーシュヒマール産 ヒマラヤ水晶

6.000m付近にて採掘


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く









裏側。曼荼羅を形成しています。


拡大





掌との比較


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く