六道輪廻 曼荼羅
の詳細画像


仏教における輪廻転生図を描いた曼荼羅です。
チベット仏教では人が死ぬと、積み重ねた業(カルマ)によって、6道のうちのいずれかへ生まれ変わるとされています。
6道とは、天界道、人間道、修羅道、餓鬼道、畜生道、地獄道の6つです。

円の外周は人間の行い、十二因縁が描かれています。
内周は人が悪行により地獄道に落ちる姿(右側)、善行により天道へ行く姿(左側)。
中心は貪(鳥)・瞋(蛇)・癡(豚)の三毒です。

最後に六道図を掴んでいるものは無常大鬼(キルティムカ)と呼ばれる聖獣です。

24金箔と、24金を粉末にし膠(にかわ)で溶いた金泥を一部に使用しています。

曼荼羅
縦 460mm 横 360mm コットンキャンバス
24金箔・金泥使用 ネパール・パタン製


縦 570mm 横 475mm
アクリルパネル 日本製



こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」を開く



額装した状態。アクリルパネルをはめ込んでおりますので、周囲の光が面に少し反射しております。傷や汚れではございません。


大きさの比較。縦 570mm 横 475mm です。


曼荼羅全体図。


枠を入れた状態。


上部拡大。


下部拡大。


左上拡大。


右上拡大。


中央左拡大。


中央右拡大。


左下拡大。


右下拡大。


上部無常大鬼拡大。


中央部拡大。


日光に照らすと、金で描いた部分が輝きます。





裏側。


額縁側面の拡大。


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」を開く