24金製 ホワイトターラー
の詳細画像


ホワイトターラーは観音菩薩の右目から現れたとされ、開いた蓮の花を象徴し「輪廻の海を渡るのを助ける女性」を意味する、チベット仏教では有名な女神です。
現地では名前の意味から、無病息災、寿命延命などをもたらす神様として深い信仰を受けております。

 なお対になる女神ではグリーンターラーがあり、観音菩薩の左目から生まれ、閉じた蓮を象徴しているといわれます。一般的に肌の色や足の組み方で区別されています。


 全体に渡り24金箔と、24金の粉末を膠(にかわ)で溶いた金泥で描いた、大変贅沢な曼荼羅です。
 カトマンズでもトップクラスのお坊さん絵師による作品で、曼荼羅の細部まで大変緻密に描かれております。製作に半年ほどの期間を費やしています。


曼荼羅
縦 505mm 横 380mm コットンキャンバス
24金箔・金泥使用 ネパール・ボダナート製


縦 610mm 横 535mm
アクリルパネル 日本製



こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」に戻る



額装した状態。アクリルパネルをはめ込んでおりますので、周囲の光が面に少し反射しております。傷や汚れではございません。


大きさの比較。 縦 610mm 横 535mm です。


全体図。


枠を入れた状態。


上部拡大。


下部拡大。


左上拡大。


右上拡大。


中央左拡大。


中央右拡大。


左下拡大。


右下拡大。





光に照らすと、金で描いた部分が輝きます。


裏側。


額縁側面の拡大。


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」に戻る