24金製 チベット占星術曼荼羅 1
の詳細画像


 全体に渡り24金箔と、24金の粉末を膠(にかわ)で溶いた金泥で描いた、大変贅沢な曼荼羅です。
 カトマンズでもトップクラスのお坊さん絵師による作品で、曼荼羅の細部まで大変緻密に描かれております。製作に半年ほどの期間を費やしています。

金を用いた曼荼羅はカトマンズでも数多く出回っておりますが、この曼荼羅は24金を2重に塗り重ね、金箔もダブルで重ねた大変貴重なものです。
表面には、他には無い金の厚みによる凹凸が確認できます。
特別に描いていただいたものですので、ネパールのみならずチベット仏教圏でも出回っておりません。

残念ながら占星術の見方は判りませんが、中央に9マスのチベット語数字が描かれ、それを囲むように8つの記号、12の干支が描かれています。


曼荼羅
縦 530mm 横 380mm コットンキャンバス
24金箔・金泥使用 ネパール・カトマンズ、ボダナート郊外の寺院にて製作


縦 690mm 横 545mm
アクリルパネル 日本製



こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」に戻る



額装の状態。アクリルパネルと一体型ですので、周囲の光が面に少し反射しております。傷や汚れではございません。


大きさの比較。 縦 690mm 横 545mm です。
純金で描かれているため、光の加減によって色あいが異なります。

曼荼羅の全体図。


左上拡大。


右上拡大。


中央部左上拡大。


中央部右上拡大。


中央部左下拡大。


中央部右下拡大。


左下拡大。


右下拡大。


上段部。


中央部。


下段部。


中央部拡大。


日光に照らすと、金で描いた部分が輝きます。


額縁側面の拡大。


裏側。


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」に戻る