阿弥陀如来像
マン・バハドゥール肉筆画

の詳細画像


阿弥陀如来。釈迦如来の変容した五物の中の一体で、梵名アミターバ。「無限の光を持つもの」という意味で、無明の現世をあまねく照らす如来です。
左右両側には観音菩薩と勢至菩薩が描かれています。

非常に緻密に描かれた、最上級クラスのタンカです。マン・バハドゥールさんという、ネパールでは有名なお坊さん絵師が描いています。
通常タンカなどの仏教画は名前を記さないものですが、この方はネパールで例外的に、正式に名前を記すことを許された3人の中の一人で、日本では人間国宝に匹敵するほどの方です。

細部に至るまで手を抜くことなく丁寧に描かれており、50%の岩彩を用い、24金の金箔と金泥も惜しみなく使われています。
 驚くべきは背景、空のグラデーションの箇所で、ここも全て点描で描かれています。
細かな箇所はある程度早く上達するそうですが、点描でグラデーション表現をする技術は非常に難しく、ここでその絵師のレベル判断するのだそうです。
製作には1年ほどの期間を費やしています。

タンカ
縦 630mm 横 455mm コットンキャンバス
岩絵具・24金箔・金泥使用
マン・バハドゥール肉筆画


縦 800mm 横 630mm
アクリルパネル 日本製


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」に戻る



額装の状態。アクリルパネルと一体型ですので、周囲の光が面に少し反射しております。傷や汚れではございません。


大きさの比較。 縦 800mm 横 630mm です。


全体図。空など塗り潰した部分は、全て点描で描かれています
点描でのグラデーションは、大変難しい技法です。

枠を入れた状態。


左上拡大。


右上拡大。


中央左上拡大。


中央右上拡大。


中央左下拡大。


中央右下拡大。
背後に描かれた山は聖地カイラス山(須弥山)とされています。


左下拡大


右下拡大。


マン・バハドゥールさんのサインが入っています。


阿弥陀如来像拡大。


脇侍の観音菩薩。


観音菩薩の拡大。


脇侍の勢至菩薩


勢至菩薩の拡大。


阿弥陀如来お顔拡大。


日光に照らすと、金で描いた部分が輝きます。


裏側。


額角側面の拡大。


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」に戻る