時輪タントラ ・ シャンバラ 曼荼羅
の詳細画像

時輪タントラ経典で現されている、シャンバラ(仏教の理想郷)を描いた曼荼羅です。
 シャンバラでは、無上不動の信仰・知恵が得られるとされています。

 中央にアクショービヤ(アシュク如来)が鎮座し、チャクラサンバラの曼荼羅にも似た図式の曼荼羅と、円の周囲に教えを説く仏陀や憤怒尊が描かれています。

 24金箔と、24金を粉末にし膠(にかわ)で溶いた金泥を一部に使用しています。

曼荼羅
縦 485mm 横 400mm コットンキャンバス
24金箔・金泥使用 ネパール・パタン製


縦 585mm 横 495mm
アクリルパネル 日本製



こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」に戻る



額装した状態。アクリルパネルをはめ込んでおりますので、周囲の光が面に少し反射しております。傷や汚れではございません。


大きさの比較。 縦 585mm 横 495mm です。


全体図。


枠を入れた状態。


上部。


下部。


左上拡大。


右上拡大。


中央左拡大。


中央右拡大


左下拡大。


右下拡大。


光に照らすと、金で描いた部分が輝きます。





裏側。


額縁側面の拡大。


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「曼荼羅(タンカ) カタログページ」に戻る