アヴァローキテーシュヴァラ(観音菩薩)像 特大
カッパー製特上品

の詳細画像


観音菩薩。人々の苦しみを聞き、救いの手を差し伸べるという菩薩様です。
日本仏教でも馴染み深く、チベット仏教にとっても大変重要な位置を占めています。
観音菩薩は千手観音など様々な姿に変化しますが、こちらは「チャングレージ」と言い、六字観自在菩薩、オンマニペメフムのマントラが形を現した代表的な姿です。
4本の腕は合掌のほか右手に数珠、左手には蓮華を持っています。

全て銅によって製作されているハンドメイドの逸品です。
銅はチベット周辺で力の強い金属のひとつとされていますが、製作には大変手間がかかり、現地でもあまり見ることはありません。


縦 220mm 横 170mm 幅 110mm
重量 1,700g
ネパール・パタン製 カッパー(銅)製



こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く



全て銅によって製作されているハンドメイドの逸品です。



































裏側。


大きさの比較。


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く