ヴァジュラサットバ(金剛薩た)像 大 カッパー製特上品 1
の詳細画像


金剛薩た。梵名ヴァジュラサットバ。金剛(ヴァジュラ)のように堅固な菩提心を司る菩薩の銅像です。
元々ヴァジュラは「リグ・ヴェーダ」の神インドラの武器で、その象徴であるヴァジュラサットバは仏陀を守護する尊格でしたが、長い時を経てヴァジュラは堅固な信仰心を示す象徴へと変化し、位の高い菩薩へと昇格していきました。
右手に金剛杵(ヴァジュラ)を胸元にかざし、左手に金剛鈴(ガンダー)を持っています。

全て銅によって製作されているハンドメイドの逸品です。
銅はチベット周辺で力の強い金属のひとつとされていますが、製作には大変手間がかかり、現地でもあまり見ることはありません。



縦 165mm 横 120mm 幅 75mm
重量 755g
ネパール・パタン製 カッパー(銅)製



こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く



























大きさの比較


裏側


こちらのページを消す場合は、ブラウザよりお願い致します。
新しい「ヒマラヤの法具・彫刻品 カタログページ」を開く